みんなで支える認知症

  • 高齢化社会を迎え、認知症は他人事ではなくなりました。
    歳を取れば、誰でも認知症になる可能性があります。中広地域包括支援センターは認知症を恐れるのではなく、正しい理解を広め、認知症の人やそのご家族をやさしく支える町づくりを目指し、様々な取り組みを行っています。

認知症研修会

「やさしさあふれるまちづくり 認知症は怖くない」をテーマに、地域の皆さんや圏域内の介護事業所の方と共に研修会を行っています。認知症の基礎知識や、介護者への気持ちの理解、事例を通して地域ができる事等、地域の皆さんと一緒にまちづくりを考えていきます。

認知症サポーター養成講座

認知症の正しい理解の普及啓発と共に、認知症の人やそのご家族 支援する認知症サポーターを要請する講座です。特別な事をするではなく、さりげない見守りや温かい声掛けがサポートになります。受講された方には、オレンジリングをお渡ししています。 開催に際しては、当センターが調整します。少人数でも構いませんので、ご希望がありましたら、気軽にお電話下さい。

  • 過去受講

    地域住民、銀行、学校、スーパーマーケット、一般企業等

中広圏域認知症支援体制世話人会

圏域内で働く介護事業所が集まり、認知症の人やそのご家族を地域で支える仕組み作りの為に、色々と知恵を絞っています。世話人会で企画した研修会等や情報交換会を通じて、事業所間の繋がりを強めると共に、認知症になっても安心して住み続ける事ができるネットワーク作りを考えています。

  • 第1回認知症ケアカフェ H30.6.20

  • 第2回認知症ケアカフェ H30.10.31

認知症カフェ

認知症の人やそのご家族が、気軽にお茶を飲みながら交流できる場所です。
専門職による相談や情報提供も行っています。身近な場所に認知症カフェができるように立ち上げ支援を行っています。H30.11.16大芝地区に、認知症カフェができました。 現在、三篠地区も民生委員の皆様と立ち上げ準備中です。

中広圏域内のサロン